アパート経営に掛かる固定資産税を知っておこう

   

固定資産税は不動産を所有していると掛かる税金のため、アパート経営をしている人にも当然掛かってきます。土地と建物に対して税金が掛かりますので、ちゃんとした知識を身に付ける必要があります。1月1日付けで所有をしている人に対して、その年の4月1日から翌年の3月31日までの1年間分が請求されます。
実際の取引では、殆どの人が1月1日に所有権が移転する事は殆どありません。この場合は売り主と買い主のそれぞれが、自分の所有期間である日数分を負担することになります。納付書は各地方自治体によって支払期日は異なるものの、年4回に分けて支払いを行いますので、計算出来るようであれば事前にどれくらいの金額になるのかを知っておくと良いでしょう。税金の支払いは非常に重要ですので、知識はきちんと身に付けておいて下さい。

遅れると延滞金が発生するので支払いはきちんと行おう

固定資産税の通知は基本的に、その時期になれば納付書が送付されるだけで終わりです。そのため、納付期間を自分で確認して都度支払いをしなくてはいけません。納付期限内であれば、電話が掛かってくることもありませんので、ついうっかり支払いを忘れてしまうなんて事も考えられます。しかし、気をつけなくてはいけないのが、納付期限を過ぎてしまいますと延滞金が発生するという事です。
どれくらいの金額が延滞金として請求されるかというのは、各地方自治体によって異なりますが、納付期限の翌日から1ヶ月を経過するまでは年約3%、そしてそれ以降になりますと年約9%程度の延滞金が発生する恐れがあります。アパート経営をする以上、必ず発生する税金のため必ず期限内に支払いをするようにしましょう。

どうやって算出をすれば良いのか

アパート経営をするうえで重要となる固定資産税は、事前にどうやって決まるのかというのを知っておくことで準備をする事が出来ます。固定資産を評価して、算定された課税標準額に税率を掛けて計算をしますので、一度覚えれば簡単に計算をする事が出来るでしょう。評価額(課税標準)×1.4%(標準税率)になり、3年に1度評価替えされます。
土地に関して言えば、評価額を6分の1にする事が出来る小規模住宅用地の特例もありますので、まずは持っている土地の大きさを確認してみて下さい。家屋に関しては、一定の要件を満たす新築住宅であれば、一定期間にわたり税金を2分の1にする事が出来ます。算出方法以外にも特例や調整措置がありますので、解らなければ専門家や役所に聞いてみるのも良いでしょう。

ピックアップ記事

アパート経営が節税対策になる、その理由とは

働き方改革が重要な政策課題と国会を舞台にした活発な論戦が繰り広げられていますが、現在一般の会社員等にも「副業」に対する注目が集まっています。人口減少と高齢化社会の進展によって将来的な経済成長に悲観的な...

初心者がアパート経営をはじめるときの注意点

アパート経営は初心者の人におすすめできる投資法です。なぜなら、株式投資やFXなどに比べるとリスクが低いからです。しっかりと収益性のある物件を選んでおけば安定して収入が入ってくると言われています。ところ...

アパート経営に掛かる固定資産税を知っておこう

固定資産税は不動産を所有していると掛かる税金のため、アパート経営をしている人にも当然掛かってきます。土地と建物に対して税金が掛かりますので、ちゃんとした知識を身に付ける必要があります。1月1日付けで所...

まずはセミナーに行こう!アパート経営を行うためには

日本は既に高齢化社会の時代を迎えて久しいですが、こうした新しい時代を生きて行くにあたり、実にさまざまな問題も出てくるわけです。長く生きて行けば、自然と自分の老後の生活というものも考えなくてはいけません...


必要なこと