子供のバレエのレオタードを購入する時の注意点

女の子の習い事の定番のバレエ。初めて教室に行くときに揃えなければいけないのがタイツ、シューズ、そしてレオタードです。普通の服と違って一般の衣料品店では販売していないため、専門店などで購入することが必要になります。普段着ることのないものなので、どんなものを選んだらいいか分からないという場合もあります。特に子供のために購入する場合は年齢によっても求められているものによっても選び方が変わってきます。教室のスタイルやルールにのっとった最適な物を選んであげるようにしましょう。教室側に色やデザインなどの指定がある場合はそれに従い、規格に合ったものを購入するようにしましょう。自由な場合は最低でも体のラインが見えるもの、汗をかいても蒸れずに滑りにくいものを選びます。

購入のまえに必ず試着をしましょう

子供用バレエのレオタードは身長によってサイズがかわります。しかし、ボディを包むデザインで胴の長さがサイズ違いのポイントになるので、身長だけで決めず必ず試着をするようにしましょう。また、外国製のデザインではサイズ表記が異なっていたり、ボディが細めにできていることがあります。伸縮性のある生地なので多少の体格の差はカバーできますが、それでも動きやすさを考えると体にぴったりのものが必要です。小さ過ぎると股上がきつくなったり胸元が開きすぎたりしてしまいますし、大きすぎると肩ひもがずれたり落ちやすくなります。目安は着用したときにボディにフィットして生地にたるみやしわができないサイズです。デザインや生地の種類によってもフィット感が違ってきますので、いくつか試着をすることをおすすめします。

かわいいものほど上達が遅くなる理由

特に小さな女の子のレオタードはスカートや袖にフリルがついていたり、リボンやレースがついていたりと華やかでかわいらしいものが主流になっています。教室によってはこういったものを禁止していますが、その理由は上達が遅くなってしまうからです。バレエの基本は自分の身体をよく見て、良く知り、自ら修正していくことの積み重ねです。先生もボディラインを見て指導をしていきます。飾りがたくさんついていることはそうしたものを見えにくくしてしまうことにつながります。小さな子供に本格的な指導は必要ないと考える場合は別ですが、少しでも上達したい場合は、ノースリーブ、単色、スカートがないものが理想です。子供の希望も取り入れつつ、バレエにふさわしいレオタード選びができるようにしておきましょう。