子供のバレエのレオタードの選び方

女の子の憧れのバレエ。子供に習わせるときに必要になるのがレオタードとシューズ、タイツです。シューズやタイツは選択肢があまりないのですが、レオタードとなると話は別です。最初はどんなものを選んだらいいか迷ってしまうこともあります。専門店には多種多様な色、形がそろっていますが、最初の一枚にふさわしいものを選んであげることがポイントです。基本は好きなものでも構わないのですが、教室によっては決まりがあったりスタイルがある場合があるので事前にきちんと確認してから購入するのがおすすめです。専門知識がなくてもいくつかのポイントを押さえておけば、その後の取り扱いなどでも苦労しません。まずはどんなものがふさわしいのか、違いも合わせてチェックしておきましょう。

お教室のルールを確認しましょう

バレエ教室には自由なルールで楽しみながらレッスンできるところと、厳格な決まりがあり、着るものやヘアスタイルも細かく決まっている場合とに分かれます。子供が通う教室がどちらのタイプなのか事前に調べておくことが必要です。厳格な教室の場合はレオタードの色も年齢によって決まっていたり、スカートがあるものや袖があるものは禁止というところも多くあります。買ってしまってからでは無駄になります。必ず先生に聞いておくようにしましょう。自由な場合でも教室によるスタイルがあります。そのクラスでの色の流行りなどを子供は敏感に感じ取りますので、教室で浮かないようなテイストを取り入れて選んであげるようにしてみましょう。柄物やレース素材、リボンやラインストーンなどおしゃれなものがたくさんなので選ぶのも楽しくなります。

サイズの上手な選び方を知っておきましょう

バレエのレオタードのサイズは子供用の場合、身長によって分けられています。スパンテックスなどの伸縮性のある素材なので多少体格が大きくなっても着用することが可能です。ただし、股上から肩までの長さによってサイズが変化しますので、身長が伸びた時は買い替えしなければいけません。デザインが凝ったものや国産のものには高価なものもありますが、すぐに大きくなってしまいきれなくなることもしばしば。高価なものは避けたいという時には、シンプルなデザインのものを購入して自分でデコレーションしてみるというのもアイデアです。基本的に手洗いをするものなので、手縫いでレースや刺しゅうをしても大丈夫です。伸縮性を損なわないように糸の運びに注意すれば誰でも簡単にオリジナルデザインが作れます。洗濯機にかける場合は必ずネットに入れ、手洗いモードで洗いましょう。