子供のバレエのレオタードの見分け方

子供にバレエを習わせる場合に必要になるのがレオタードです。専門店やインターネットショップでも購入することができますが、初めて購入するときにはどんな物を選んだらよいのか分からないこともあります。基本的には通うお教室の先生に決まりやどんなものがいいかを聞いてから購入するようにしなくてはいけません。教室によっては色やデザインに規定がある場合があり、レベルの高い教室ほどその傾向にあります。かわいらしいデザインや色が多いのでついつい選びたくなってしまいますが、上達のためにはなるべくシンプルで体のラインがしっかり見えるようなデザインのものを選ぶようにしましょう。適するものと適さないものをしっかりと判断して、快適なレッスンができる用意をしておきましょう。

理想のデザインとそうでないもの

レオタードの理想のデザインは、シンプルで美しく、体のラインが良く見えるものです。海外のバレエ学校などで、みんな同じ色、形で揃えているのは、個々の生徒をよく見るためでもあり、自分自身でも身を引き締めてレッスンそのものに集中するためです。子供の年齢にもよりますが、しっかりとレッスンできるころにはスカートやボリュームのある袖、飾りやリボンが多いものなどは避けるようにします。おすすめはノースリーブやキャミソール型で、プリンセスラインのものなどがシンプルでラインが美しく見えます。タンキニや長袖、タートルネックなど個性的なレオタードが様々ありますが、まずは学ぶ姿勢を大事にするために、着るものに重点を置かないようにした方が無難です。先生によってはニット類やシャツなども嫌うことがあるので注意しましょう。

ぴったりのサイズと素材の見分け方

バレエのレオタードはスパンテックスなどの伸縮性に優れた生地で作られているため、体型はあまり気にする必要がありませんが、それでも海外輸入のものなどは大変細身に作られていることもあるので、必ず試着をするようにしましょう。また、ボディが一体になっている作りなので、子供の身長が伸びた時はサイズがあっているかきちんと確認する必要があります。股の部分が引っ張られたりしてしまうと、不格好なばかりか踊りにくいので買い替えが必要になります。素材はツルツルした化学繊維主体のものと綿が含まれたものに分けられます。肌触りや見た目も大きく違うので、好みのものを選びましょう。直接肌に触れるものなので、縫い目やタグが肌に当たらないか、ほつれや破れがないかなどを確認してから購入してください。