予算内で安くできるマンションの管理サービスを説明します

マンションの管理は複数の人たちの資産が関わることから、規模が非常に大きくなり住民たちの自主管理で行うのはとても大変です。何かあった時に個人で保証できる金額ではないお金が動きますし、設備等に関する専門的知識を持った住人が必ずいるわけでもありません。住民たちで管理組合を形成していることがほとんどですが、簡単な話し合いをするぐらいしかできないのが実情です。なので、ほとんどのマンションでは管理を行ってくれる業者に依頼しサービスを受けることとなっています。管理員や清掃員を派遣してもらったり、事務作業や会計管理をお願いしたり、設備の点検や修繕をしてもらったりとマンションに関わることをまとめて引き受けてくれるのがマンション管理会社です。しかし、ただ丸投げでお願いするのではなく、管理組合でまとめた住民の意志をしっかりと管理会社に伝えていくことが重要です。

マンション管理のサービスにはどのようなものがあるでしょう

マンションの管理に関するサービスにはどのようなものがあるのか詳しくみていきましょう。まずは管理員・コンシェルジュの派遣。日々住民のそばにいて要望を聞き対応したり、日常の点検や細かな事務仕事などをしてくれます。最近では宅配便やクリーニングの取次や販売サービスなど、住民のための様々なサービスを行ってくれる場合もあります。セキュリティーという側面からも大切な存在です。共有部分をきれいに保ってくれる清掃員の派遣もあります。会計や事務の仕事を請け負ってくれるのも大事な仕事です。管理費の徴収や決算書の作成などの会計管理や、各種届出、業者との契約などマンション管理に関わる様々な事務仕事の専門的知識を持って行ってくれます。マンションの修繕等についても専門的知識をもとにした提案や業者の手配などを適切に行ってもらえるでしょう。

良いサービスを安く受けるにはどうしたらいいでしょう

このようにマンションの管理は多岐にわたったサービスがあり、契約金額も安いものではありません。けれど良いサービスをできるだけ安く受けたいものです。すでに決まった管理会社がある場合でも値段交渉は可能です。ただ安くしてよと言うだけでは埒があかないので、まずは下調べが必要です。マンションの規模や地域性などを考えて管理費の相場を調べ、妥当だと思われる金額を管理会社に提示してみましょう。専門のコンサルタントに相談してみるのも良いでしょう。これから管理会社を選ぶ場合や、管理会社を変えることも考慮に入れている場合は複数の会社に相見積もりをしてみましょう。競合することにより安くなることもあります。けれどただ安いだけでサービスの質が落ちるのでは困ります。値段だけをみるのではなく、交渉の際の相手の対応などを見て信頼できるかどうかを考えてください。またサービス内容についてもしっかりと確認しましょう。