初心者がアパート経営をはじめるときの注意点

   

アパート経営は初心者の人におすすめできる投資法です。なぜなら、株式投資やFXなどに比べるとリスクが低いからです。しっかりと収益性のある物件を選んでおけば安定して収入が入ってくると言われています。ところが、インターネット上には失敗談もたくさん上がっています。不動産屋におすすめされた物件を信じて購入したら入居者がぜんぜん入ってこないといった体験談です。不動産屋は人気がない物件を売るのも仕事だということを理解しておきましょう。だれも買いたくないと感じるような物件を営業トークで魅力的に感じさせ、買主を見つけることこそがむしろ営業マンの手腕なのです。価値のあるものはなにもしなくても勝手にやってきたりはしません。自分で時間と手間をかけて価値があるものを見つける必要があります。

自分で経営をするか、一部を任せるか

アパート経営をするとき、自分でほとんどすべてを経営するのか、それとも管理会社に任せるかというポイントはあからじめ考えておかなくてはなりません。初心者の人は管理会社選びで失敗をしてしまうこともあります。「30年間の保証」という謳い文句で一時期人気があったサブリースですが、今では問題点も浮上してきています。サブリースでは30年間の契約ではありますが、2年ごとに契約が更新され、その時に家賃を大幅に下げられる可能性があります。基本的にはすべてを管理会社に任せてしまうということはコストがかかるだけでなくリスクも高くなるのでおすすめできません。自分でできる部分は自分で管理するようにしておきましょう。管理会社によってサービス内容や料金は異なるのでしっかりと比較をしなければなりません。

ローンを組むときに理解しておくべきこと

アパート経営を初心者がはじめるとき、最も重要になることの1つがローンです。銀行の審査に通らないからといってノンバンク系の不動産投資ローンなどを借りてしまうと失敗してしまう可能性が上がります。借金の利息は最も高額になりやすいコストだからです。なるべく銀行で借りるようにして、同じ銀行で借りるにしてもできるだけ金利が低いローンを組みましょう。建物は消耗品なので、アパートの価値は年々下がっていきます。借金の残高のほうがアパートの価値よりも大きくなってしまったら危険な状態です。いざとなったら不動産を売却して借金を返済すればよいですが、不動産を売却したお金で完済ができない状態はかなり危険です。最悪のケースでは自己破産になってしまいます。「とにかく審査に通ればよい」と考える人もいるので気をつけておきましょう。

ピックアップ記事

アパート経営が節税対策になる、その理由とは

働き方改革が重要な政策課題と国会を舞台にした活発な論戦が繰り広げられていますが、現在一般の会社員等にも「副業」に対する注目が集まっています。人口減少と高齢化社会の進展によって将来的な経済成長に悲観的な...

初心者がアパート経営をはじめるときの注意点

アパート経営は初心者の人におすすめできる投資法です。なぜなら、株式投資やFXなどに比べるとリスクが低いからです。しっかりと収益性のある物件を選んでおけば安定して収入が入ってくると言われています。ところ...

アパート経営に掛かる固定資産税を知っておこう

固定資産税は不動産を所有していると掛かる税金のため、アパート経営をしている人にも当然掛かってきます。土地と建物に対して税金が掛かりますので、ちゃんとした知識を身に付ける必要があります。1月1日付けで所...

まずはセミナーに行こう!アパート経営を行うためには

日本は既に高齢化社会の時代を迎えて久しいですが、こうした新しい時代を生きて行くにあたり、実にさまざまな問題も出てくるわけです。長く生きて行けば、自然と自分の老後の生活というものも考えなくてはいけません...


メリット