アパート経営が節税対策になる、その理由とは

   

働き方改革が重要な政策課題と国会を舞台にした活発な論戦が繰り広げられていますが、現在一般の会社員等にも「副業」に対する注目が集まっています。人口減少と高齢化社会の進展によって将来的な経済成長に悲観的な見方やそれを裏付ける経済指標が明らかになり、大幅な給与の増加を見通すこともますます難しくなっています。本業での収入のアップが見込めない以上、副業をかけもち企業等に依存しすぎることなく生計を立てるスタイルが推奨されるのはこのような現実への政策的手だてを行う側面があるわけです。かずある副業の中でもアパート経営に代表される不動産事業は税金面を考慮すると、一般の会社員にも魅力的に映るのは確かです。一般企業に働きながらでは実感できない税法上のメリットを知り、不動産事業へ乗り出すことを考えて見ましょう。

不動産事業を行うと言うことのメリットとは

アパート経営で不動産事業を副業として行っている会社員の方を事例に想定してみましょう。一般企業で奉職し給与のみで生計を立てている場合、各種の控除枠が用意されていますが、それらを差し引いた金額が課税対象に把握されて所得税や住民税がかされることになります。もちろん幾額かの年末調整等があるでしょうが、租税上はこれ以上課税対象を減らせる手立てはありません。しかるにアパートなりを所有して賃料を収受している場合、それは不動産事業を行っていることになります。「事業」に該当する以上経費を計上することが可能になります。費用には固定資産税や借入れ金利や管理費用・減価償却費などを経費として差し引けば赤字になることも有り得ます。この場合には不動産事業に対しては税金がかかりません。

長期的にはプラスの収支を目指し、収益をあげるのを目指す

会社員がアパート経営を行うことが節税対策になるのは、不動産事業の赤字分を給料からもマイナスできることにあります。つまり普通のサラリーマンであれば各種の控除後の全体が課税対象になっていましたが、不動産事業展開していて、その赤字分をサラリーマンの給料分から差し引いた額につき税金がかかることになる訳です。結果的に給料にかかっていた所得税を節税できるので、税金を減らせる可能性があると言えます。ただしここで注意すべきは、税金が戻ってくるには青色確定申告を行い、所定の条件を充たすことが必要な点です。
しかしこの節税対策は短期間と考えるのが妥当です。事業である以上収益が上がるようになれば当然税金を支払うことになるからです。従って開始当初は節税対策を活用し、後日は事業が軌道に乗れるように、事業計画を立てる必要があると言えます。

ピックアップ記事

アパート経営が節税対策になる、その理由とは

働き方改革が重要な政策課題と国会を舞台にした活発な論戦が繰り広げられていますが、現在一般の会社員等にも「副業」に対する注目が集まっています。人口減少と高齢化社会の進展によって将来的な経済成長に悲観的な...

初心者がアパート経営をはじめるときの注意点

アパート経営は初心者の人におすすめできる投資法です。なぜなら、株式投資やFXなどに比べるとリスクが低いからです。しっかりと収益性のある物件を選んでおけば安定して収入が入ってくると言われています。ところ...

アパート経営に掛かる固定資産税を知っておこう

固定資産税は不動産を所有していると掛かる税金のため、アパート経営をしている人にも当然掛かってきます。土地と建物に対して税金が掛かりますので、ちゃんとした知識を身に付ける必要があります。1月1日付けで所...

まずはセミナーに行こう!アパート経営を行うためには

日本は既に高齢化社会の時代を迎えて久しいですが、こうした新しい時代を生きて行くにあたり、実にさまざまな問題も出てくるわけです。長く生きて行けば、自然と自分の老後の生活というものも考えなくてはいけません...


メリット