子供用のバレエのレオタードの買い方

女の子の習い事のなかでも人気が高いバレエは、その独特なスタイルも人気の秘密です。レッスンのときに着用するのはレオタードといって、伸縮性のある生地をつかって作られた特別なものです。まず、子供のために用意するにはどこで購入すればよいのでしょうか。そこには大きく3つの方法があります。まずは専門店で購入する方法、2つ目はインターネットで購入する方法、最後は教室の先生に頼んで購入する方法です。いずれの場合にも、既製品を買う方法と、セミオーダーで作ってもらう方法があり、体型に特徴がある場合やこだわりのデザインでレッスンを受けたいという場合にはセミオーダーをおすすめします。それぞれの購入方法のメリット、デメリット、注意点について詳しく見ていきましょう。

品ぞろえや品質で選ぶなら専門店

バレエに必要なものなら何でも取り扱いがある専門店というものがあります。シューズやタイツ、書籍やレッスンCDなど様々な関連商品が並ぶので見ているだけで贅沢な気分になれるでしょう。レオタードも種類が多く、本場ヨーロッパからの輸入品や国内でデザインされた質のよいものが並びます。専門店は同時にネットショップを開業している場合もあり、ネットオーダーでもお店と同じものが購入できるようになっています。セミオーダーも専門店ならではのサービスで、既製品ではボディが大きすぎて着ることができない子供の場合にも重宝しますし、袖やスカート、カットやシルエットなどを簡単に選びながらオリジナルデザインが作れると人気です。常に新しいデザインにものが販売されるので、専門店へ定期的に行ってみるのもよいでしょう。

自由なネットショッピングと厳格な教室の決まり

バレエをせっかく始めるのだから、子供にはかわいい格好をさせたいという時におすすめの購入方法がネットショップです。ネット専門店で多いのが韓国製などアジアからの輸入製品。価格がとにかく安く、凝ったデザインのものが多いので、見た目重視で選びたいときには最適です。逆に、バレエ教室自体に厳格なルールがあり、レオタードにも色や形の決まりがある場合があります。こうした場合、先生から直接購入しなければいけない時があるので、子供を習わせるときには注意しなければいけません。色々なものを購入する前に、まず先生にお伺いを立てるというのが暗黙の了解です。この決まりは年齢やレベルによっても変わってくる場合がありますので、幼児クラスや大人クラスが自由な格好だったからといって、それを信じてしまうのは危険です。必ず入るクラスを見学してから先生に聞く、そして購入するという流れを厳守しましょう。

身体のラインが大切なバレエでは、フィットするレオタードを選ぶのが大切。 世界各国のバレエ用品をお手頃価格で販売しています。 大人になってからバレエを始める女性も増えています! レオタードはデリケートな素材のため、手洗いがおすすめ! 体型をカバーしたいなら濃い目の色のレオタードがおすすめです。 トゥシューズは、つま先で立つために先が平らで硬くなっています。 バレエ用品は圧倒的な品揃え! 子供用バレエレオタードの販売サイトは【インポートバレエサプライ】